【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

【25】芒種初候
第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」新暦6月5日~6月9日 頃
冬越えをした卵から、カマキリが孵化する

植物 らっきょう、柘榴(ざくろ)、苗代苺(なめしろいちご)
鮎(あゆ)、あいなめ
動物 かまきり
行事など 稽古はじめ:

稽古はじめを6歳の6月6日にすると上手になると言われている。

らっきょうは暑バテによい働きがある。(花言葉は、慎ましい

この時期には柘榴(ざくろ)の花が咲く。実がなるのは秋。(花言葉は、優美・子孫の守護・成熟した美しさ

苗代苺(なめしろいちご)は、苗代をつくる頃に熟すので名付けられた。

関連記事

  1. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  2. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  3. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  4. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

  5. 【64】冬至初候 第六十四候「乃東生(なつかれくさしょうず) 」

  6. 【67】小寒初候 第六十七候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」 

  7. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  8. 【29】夏至次候 第二十九候「菖蒲華(あやめのはなさく)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。