【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

【24】小満末候
第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる) 新暦5月31日~6月4日 頃
麦が成熟し、黄金色に輝く

植物 枇杷(びわ)、麦(むぎ)
べら
動物 しじゅうから
行事など 衣替え:

平安時代の「更衣」の習わしから由来する。

枇杷(びわ)は昔から薬用としても親しまれている。(花言葉は、温和・治癒・打ち明ける

この時期の嵐を「麦嵐(むぎあらし」、降る雨を「麦雨(ばくう)」という。(花言葉は、富・繁栄・希望・豊作

関連記事

  1. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  2. 【35】大暑次候 第三十五候「土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)」 …

  3. 【27】芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」

  4. 【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

  5. 【21】立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

  6. 【47】秋分次候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」 …

  7. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  8. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。