【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

【11】春分次候
第十一候「始開(さくらはじめてひらく) 」新暦3月25日~3月29日 頃
桜の花が咲き始める

植物 アスパラガス

辛夷(こぶし)、桜(さくら)

さくらえび
動物
行事など お花見:

日本各地で桜のお花見が楽しみにされる。桜の別名は「夢見草」。

辛夷(こぶし)は、その花が咲いたら田打ちを始め、稲の種まきをすることから「田打ち桜」とも呼ばれる。(花言葉は友情・信頼・愛らしさ

桜には山桜や染井吉野がある。 (花言葉は純潔・高尚・優美など

アスパラガス。(花言葉は普遍・勝利・無敵

関連記事

  1. 【46】秋分初候 第四十六候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ…

  2. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  3. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  4. 【67】小寒初候 第六十七候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」 

  5. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 

  6. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

  7. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  8. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。