【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

【41】処暑次候
第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし) 新暦8月28日~9月1日 頃
ようやく暑さが鎮まる。

植物 ぶどう

鳳仙花(ほうせんか)

ぐち
動物
行事など 二百十日:

立春から数えて210日目。台風がやってくる日。各地で風鎮めの祭りがある。

風祭り(富山県八百町)

様々な品種のぶどうが楽しめる。果実、ワイン、油など有用。

(花言葉は陶酔・信頼・思いやり

鳳仙花は「爪紅」とも呼ばれる。昔、爪を染めた。(花言葉はせっかち・短気・心を開く

関連記事

  1. 【70】大寒初候 第七十候「欵冬華(ふきのはなさく)」 

  2. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  3. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  4. 【43】白露初候 第四十三候「草露白(くさのつゆしろし) 」

  5. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  6. 【21】立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

  7. 【15】清明末候 第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

  8. 【65】冬至次候 第六十五候「麋角解(さわしかつのおつる) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。