【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

【22】小満初候
第二十二候「蚕起食(かいこおきてくわをくう)新暦5月21日~5月25日 頃
蚕が桑の葉を食べて育つ

植物 桑の葉(くわのは)、空豆(そらまめ)、卯の花(うのはな)
鱚(きす)
動物 てんとう虫
行事など 三社祭り:

浅草の三社祭り

桑の葉は、絹の元となる蚕の餌となる。(花言葉は、ともに死のう:実

空豆(そらまめ)は、空に向かって実がなることからついた名前。(花言葉は、憧れ・永遠の楽しみ

卯の花は別名「空木(うつぎ)」。幹の中心が空洞になっている。(花言葉は、古風・風情・秘密

関連記事

  1. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  2. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  3. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  4. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  5. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  6. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  7. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  8. 【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。