【21】立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

【21】立夏末候
第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」新暦5月15日~5月20日 頃
たけのこが生えてくる

植物 筍(たけのこ)

雛罌粟(ひなげし)

浅利(あさり)
動物
行事など 葵祭

京都の下鴨神社で行われる。

筍(たけのこ)成長が極めて早く美味でもある。「雨後の筍」は続々と生えてくることから生まれた諺。(花言葉は、節度・節操

 

雛罌粟(ひなげし)は別名「虞美人草(ぐびじんそう)」。(花言葉は、慰め・労り・別れの悲しみ

関連記事

  1. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」

  2. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 

  3. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  4. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  5. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  6. 【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

  7. 【28】夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

  8. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。