【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

【34】大暑初候
第三十四候「始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 新暦7月22日~7月27日頃
桐の実がなりはじめる

植物 胡瓜(きゅうり)

桐の花(きりのはな)

雲丹(うに)
動物
行事など 花火大会:

隅田川など。大飢饉の死者を弔うためのもの。

「桐」は古代より神聖な木とされ500円玉の表に描かれている。(花言葉は「高尚」

「胡瓜(きゅうり)」は水分が多く、体を冷やしてくれる夏野菜。(花言葉は「洒落」

古典では

「黄瓜」と書かれ、味は甘・寒性、

胃経(辰)・小腸経(未)・膀胱経(申)に入経します。

清熱解渇…余分な熱を冷まし

利水道…水分代謝を改善してくれます

(本草綱目より)

「雲丹(うに)」

味は鹹(塩辛い)、

強壮・脳神経の働きを高める

(中医食薬大全より)

関連記事

  1. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

  2. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  3. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  4. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  5. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  6. 【12】春分末候 第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)…

  7. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  8. 【47】秋分次候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。