【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

【40】処暑初候
第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく) 新暦8月23日~8月27日 頃
綿の実を包む萼(がく)が開く頃

植物 すだち

綿花(めんか)、白粉花(おしろいばな)

かさご
動物
行事など 吉田の火祭り(北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の秋祭り・富士山のお山じまい)

伊奈の綱火(茨城県つくばみらい市)

この頃、萼にに守られた白い綿が顔を出す。(花言葉は有用・優秀・あなたを守る

すだちはビタミンCやクエン酸が豊富。日焼け後の美肌にもよい(花言葉は純潔・清らかな心

白粉花は夕刻から咲くので、「夕化粧」とも呼ばれる。(花言葉は内気・恥じらい・おしゃれ

関連記事

  1. 【28】夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

  2. 【65】冬至次候 第六十五候「麋角解(さわしかつのおつる) 」

  3. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  4. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  5. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  6. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  7. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  8. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。