【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

【55】立冬初候
第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく) 新暦11月7日~11月11日 頃
サザンカが咲きはじめる

植物 蜜柑(みかん)

山茶花(さざんか)

牡蠣(かき)、平目(ひらめ)
動物
行事など 亥の子:亥の月亥の日、亥の刻に、子どもが亥の子餅を食べると健康に育つといわれている。

嵐山紅葉祭:

11月第二日曜日に京都で開催される。

山茶花(さざんか)について、椿と山茶花は昔からよく混同される花だが、種類としては別の花。椿の開花は2月ころ。(花言葉は困難に打ち勝つ・ひたむき・素直

蜜柑(みかん)は蜜のように甘い味がすることからこの名前がついたと言われる。(花言葉は花嫁・清純・純潔

関連記事

  1. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」

  2. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  3. 【61】大雪初候 第六十一候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 」

  4. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

  5. 【69】小寒末候 第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」

  6. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  7. 【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) ]

  8. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。