【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

【62】大雪次候
第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」新暦12月12日~12月15日 頃
熊が冬眠のために穴に入る

植物 葱(ねぎ)

藪椿(やぶつばき)

牡蠣(かき)
動物
行事など 正月の事始め:

正月の準備を始める。松を取りに行く松迎えなど。

薮椿は古くから鑑賞や椿油の活用などで愛されてきた。(花言葉は謙遜・美徳・完璧

葱(ねぎ)は体にいいとされる野菜の代表。(花言葉は愛嬌・笑顔・くじけない心

関連記事

  1. 【60】小雪末候 第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

  2. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  3. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  4. 【2】立春次候 第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 

  5. 【5】雨水次候 第五候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」

  6. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  7. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  8. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。